News

人工衛星向けアンテナシェアリングサービスのインフォステラ、フリークアウト、500 Startups Japan 及び、個人投資家 千葉功太郎氏よりシードで総額 6,000 万円の資金調達を実施

2016 M10 6

人工衛星の運用に利用されるアンテナのシェアリングを可能にするプラットフォーム StellarStation を運 営する株式会社インフォステラ(本社:東京都渋谷区・代表取締役 CEO:倉原直美 以下インフォステ ラ)は株式会社フリークアウト(本社:東京都港区・東証マザーズ上場・証券コード:6094・代表取締役 CEO:本田謙)、500 Startups Japan(東京都千代田区・代表者:James Riney)、個人投資家 千葉功太郎氏 を引受先とする総額 6,000 万円の第三者割当増資を実施したことを発表致します。

当社は 2016 年 1 月、「宇宙最大の通信インフラの構築を通じて人類の生存圏拡大に貢献する」をミッシ ョンに設立されました。近年の人工衛星小型化に伴う世界的な衛星打ち上げ機数の急増により、多くの衛 星運用会社では衛星と地上とを通信するアンテナの確保が大きな課題となっております。一方、市場から 求められる通信機会の総量は増えているにも関わらず、アンテナ 1 基あたりの稼働率が上がっていませ ん。依然として価格は高止まりし、新しいビジネスに挑む企業の足かせとなっています。

当社が開発を進める StellarStation は、既存のアンテナに当社が提供する専用ハードウェアを組み込むだ けで、アンテナの空き時間を世界中の衛星運用会社に向けてシェアリングできます。アンテナのシェアリ ングにより衛星運用者には従来比 10 分の 1 の価格で通信機会を提供、アンテナ所有者にも売上を還元し 収益性向上の機会を提供致します。

今回の資金調達により、当社は StellarStation の開発体制の強化を図ります。